PHPでSqlite3を使おう(PDO)

Sqlite3、手軽で移行も楽で良いですよね。

PHPでPDOを使ってDBに接続するときいつも忘れてしまうのでメモ。

function db_connect($sql){
	try{
		$pdo=new PDO('sqlite:/path/db');//ここにSqlite3のファイルを指定
		$pdo->setAttribute(PDO::ATTR_ERRMODE,PDO::ERRMODE_EXCEPTION);
		$pdo->setAttribute(PDO::ATTR_DEFAULT_FETCH_MODE,PDO::FETCH_ASSOC);
		$stmt=$pdo->prepare($sql);
		$stmt->execute();
		$result=$stmt->fetchAll();
		unset($pdo);unset($stmt);
		return $result;
	}catch(Exception $e){echo $e->getMessage().PHP_EOL;}
}

DB作成
オートインクリメントの書き方もいつも忘れるのでメモ。

$sql='CREATE TABLE table(
	id INTEGER PRIMARY KEY AUTOINCREMENT,
	title varchar(255),
	contents text,
	status INTEGER
)';
db_connect($sql);

最後に、テーブルの存在を確認したいときのメモ。

$sql='SELECT count(*) FROM sqlite_master WHERE type="table" AND name="table"';
$res=db_connect($sql);
var_dump($res);
Posted in PHP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です