raspberrypiでradikoを聞く

ここ最近の外出自粛や在宅勤務の影響でラジオが大活躍。
ただ、ラジオは電池式なので交換が面倒なのと、スマホでradikoを聞くときは電池の消耗が気になるのと、
いちいちアプリを操作するのが面倒。

そこで電源コード付きのラジオを買おうと思っていた矢先、
raspberrypiでradiko聞けるのかなとふと思い立った次第。

参考にさせて頂いたサイトはこちら

音声の出力はイヤホンジャックにさした400円のスピーカー。

まず、ここから再生用スクリプトをダウンロード。
ファイルの配置場所は任意。
上記サイトに記載の通りにスクリプトを修正します。

-wkdir='/var/tmp'
+wkdir='/dev/shm'
-playerurl=http://radiko.jp/player/swf/player_3.0.0.01.swf
+playerurl=http://radiko.jp/apps/js/flash/myplayer-release.swf
- swfextract -b 14 ${playerfile} -o ${keyfile}
+ swfextract -b 12 ${playerfile} -o ${keyfile}

フォルダは書き込み権限があればどこでも良いのかも???
↓は二ヵ所。

- --header="X-Radiko-App: pc_1" \
- --header="X-Radiko-App-Version: 2.0.1" \
+ --header="X-Radiko-App: pc_ts" \
+ --header="X-Radiko-App-Version: 4.0.0" \

必要なパッケージのインストール

sudo apt-get install mplayer swftools rtmpdump libxml2-utils ffmpeg

Tokyo FMをきくときは

play_radiko.sh -p FMT

停止するときはCtrl+c
放送局の一覧
radikoのID一覧

ただ、このままだと画面に文字文字と文字が出てくるので、

play_radiko.sh -p FMT > /dev/null 2>&1 &

こうするとCtrl+cで止められなくなってしまうので、停止させるときは

kill `pgrep -f radiko.jp`

PIDの取得方法はこちらを参考にさせて頂きました。

これで電源を気にせずラジオを聴けるようになりました~。快適~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です