昔パソコン自作したときのメモ

かれこれ10年前にパソコンを自作したときのメモを発掘。
当時のブログに書いたけど出来心でブログごと消しちゃいましたので。
読み返したらちょっと面白かった。恥ずかしいけど。

投稿日: 2011年3月5日
パソコンを初めて自作しました。

必要なもの
・CPU
・マザーボード
・メモリ
・ハードディスク
・DVDドライブ
・ケース

必要に応じて買うもの
・グラフィックボード(マザーボードにくっついているときはあってもなくても良し)
・サウンドカード(マザーボードにくっついているときはあってもなくても良し)
・電源(ケースにくっついているときはいらない)

あってもなくてもいいもの
・ファン
・グリス

気をつけること
・マザーボードとメモリの相性
・マザーボードにあるソケットにCPUが入るかどうか
・グラフィックボードの幅とケースの幅

OS、モニタ、キーボード、マウス等は別途必要です。

手順
・ケースにマザーボードを設置。
・マザーボードにCPUを接続。
・マザーボードにメモリをさす。壊れるんじゃないかというくらいの力がいる。
・ケースにHDDやDVDドライブと電源を取り付ける。
・HDDとDVDドライブをマザーボードに接続する。
・HDD、DVDドライブ、マザーボードと電源をつなぐ。
・モニタやキーボードを付け電源を入れる。

緊張の瞬間!初機動!!

画面真っ暗!!!音も鳴らず!!

マザーボードは、P7P55DーE EVOです。
ファンは回ってるけどビープ音は鳴らず。
CPU_LEDはちゃんと赤く光っている。

と、思いきや、点いているのが正常だと思い込んでました。点いてはいけないランプでした。
CPUと電源が繋がっていませんでした。

繋げたらちゃんと起動しました。安心しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です